セフレとはどんな関係?

セフレは軽い関係だと思われますが、それでも最低限のラインというものがあります。
単にHやセックスのことだけ考えていればOKというわけではなく、心情面でもきちんと通じ合っていなければなりません。
このあたりは恋愛と同質ですので、少々難しく感じてしまう方もいるかもしれません。
ただ、どんなに気持ちの通じ合える関係になったとしても、セフレは別れも前提としている特殊な関係ですからね。
付き合っている間はよくても、いざ別れる段階になって未練が残るようだと、問題となってしまいます。
そうならないためにも、まだ付き合い始めの段階で、セフレとしてのルール等を明確にしておくと良いでしょう。
セフレと言えば「割り切り」と言いかえられることが多いですが、それができるのも、やはり男女の信頼関係あってのことです。
ただ好きというだけではセフレは難しい関係となるため、きちんと信頼できる相手であるかどうか、よく見極めて話も通しておきましょう。
別れる時のことについても、「別れたくなったら問答無用で応じる」くらいのルールを設けて、後々になって揉めないように考えておくのがベストです。
未だにセフレについて「適当でいい」といったような、誤った考え方をしている人もいますが、最近のセフレはそういうものではありません。
むしろ、通常の恋愛以上に契約的な意味合いが強く、約束をきちんと守れる人でないと長続きしないものとなっています。
男性にしろ女性にしろ、このあたりのセフレに関する前提を理解して、相手にもわかってもらえるようにしなければなりません。
トラブルを起こさないためには、以上のような信頼関係の構築が重要となりますので、よく意識するようにしましょう。
そうすることで思う存分セフレとしての関係を、何の心配もなく楽しめるようになるはずです。

Comments are closed